6月になったら

感想とかアイドルとか

「Do」

 私が初めて卒業に直面するのが、工藤遥ちゃんだとは思わなかった。
これからも当たり前にモーニング娘。として存在していてくれると思っていたし、誰かがいつか言っていた、20歳の時には佐藤優樹ちゃんとふたりで振袖着た姿を見せてくれるんだろうと想像していたし、将来的にはリーダーとして娘。を引っ張っていってくれるんじゃないかとすら考えていた。
私は、工藤遥ちゃん以外の誰かが卒業になったとしてもこういう風にめそめそいうんだと思うけれど、それでも、いまこの来る2017年12月11日に卒業するのが工藤遥ちゃんだということが自分の中で思っていた以上の大きい事実だったようで、正直言うと毎日泣いている。
私の推し!といえば佐藤優樹ちゃんだと自信を持って言えるし、というかモーニングのみんなが好きだし、譜久村さんのリーダーとしての凛々しい、だけどかわいらしい姿も大好きだし、生田さんのどこに出しても恥ずかしくない美貌と優しいところも大好きだし、飯窪さんのwearに垣間見えるセンスとメンバーへの愛が好きだし、佐藤優樹ちゃんのパフォーマンスから何からすべてが好きで、割愛するけど11期以降のみんなもみんな大好きだし、歴代の卒業したメンバーもみんな大好きで、だから、工藤遥ちゃんのことは大好きだけれど、めっちゃ推してる!というとどぅー推し一本!という方が聞くと大した事ねーじゃんくらいの思いしかないのでは?と思っていた。
けど、卒業発表を聞いた日からなんだかいろいろな気持ちが収まりがつかなくて一度はあきらめた現場にも結局行ってしまったし(この話はまた後程)、行っても結局収まりはついていないし、佐藤優樹ちゃんの12月11日なんか来なければいい、という気持ちもよくわかる。胸が痛いし苦しいしつらい。
応援してあげないといけない、応援してあげたい、っていう気持ちとお願いだから、何でもするから卒業しないでくれないか(松.岡.茉.優さん)という気持ちの葛藤がすごくて押しつぶされそうだし、もう考えたくないとすら思うんだけど、工藤遥ちゃんを見ているとやっぱり向きあいたいなっていう気持ちにもなってくる。ので、このブログを書いています。よってまとまりはない。
 工藤遥ちゃんへの第一印象は、とにかく顔が可愛いだったと思う。あんなにショートカットの似合う女の子はいない…。ヒトにモーニングを勧めるときはまず生田衣梨奈さん、小田さくらさん、牧野真莉愛ちゃん、森戸知沙希ちゃんたちとともにとりあえず工藤遥ちゃんを勧めがち。なぜなら可愛いから。でも工藤遥ちゃんのすごいところは、あんなにかわいい顔なのになぜかボーイッシュな印象を受けるところだとおもう。加賀楓ちゃんや生田衣梨奈さんは、きれいでかわいらしい顔立ちの中にもきりっとした印象を受けるけれど、工藤遥ちゃんはめちゃめちゃにかわいい顔立ちなのにジャ.ニーズみたいな印象を受ける。ショートカットや、本人の立ち振る舞いによるものなのかもしれないけれど、顔の可愛さに相反した印象を持たせるというのはすごいことだと思う。
 工藤遥ちゃんについて、印象に残っていることが2つある。
1つは、10期のオーディションでのことで、当たり前にみんながダメ出しをくらって悔しさに涙しているときに、工藤遥ちゃんは小学6年生11才でありながら自分が泣いていることについて「私はほかの子より活動経験があるのにこんなこと注意されててどうすんだと思って…」てしっかり説明してるんですね。ここにはあとで語られる、エッグから残ったのが自分だけであったことへの思いだったり、エッグである自分への誇りだったり、つまりプライドの高さであったり、そういったものすべてが込められていて、私はこれが工藤遥ちゃんの根源というか、いまでいう“イキってた”時代の気の強さが今の工藤遥ちゃんの魅力の源のように感じられて仕方ない。誰しもみんなが何かしらの強い思いをもって今いる場所に立っているのがアイドルだと思うし、私たちファンはそこに惹かれてファンになるんじゃないかと勝手に思っているんだけれども、工藤遥ちゃんの『エッグとしての誇り』はいま、『モーニング娘。としての誇り』に進化して私たちを惹きつけてやまないんじゃないかと思う。
2つ目は、舞台『続・11人いる! 東の地平・西の永遠』のwestにて工藤遥ちゃんの演じたタダという青年の役を演じているのを見たとき。それまで私は、正直言って「かっこいい工藤遥ちゃん」というものが分からなかった。だってあんなにかわいいのに!キメ顔しててもかわいいじゃん!て思ってた…。それが覆されたのが11人いるを見た時で、めっちゃくちゃかっこいいじゃん…好き…って、少女漫画のヒーローにときめいた時の感覚です。わかりますかね?こんなかっこよかったの―――⁉気持ちわかった!!!って思った。(実際ハロメンを含めみなさんこのあたりからかっこいいどぅにはまったようで…)んだけど、アイドルとしての工藤遥ちゃんを見たら、あれ?やっぱかわいい…ただのかわいい工藤遥ちゃんだ…ってなって、そこで「工藤遥演じるタダという青年」がかっこよかったんだと気づいた。そこでえっ…工藤遥ちゃんすごい…と心底驚いたのをめちゃくちゃ覚えてる。たとえタダという男の子がかっこよかったんだとしても、「工藤遥」っていう人間をひとり完璧にタダという役の後ろに紛れ込ませたという事実がすごすぎる。例えば、ドラマがあったとする。そこに今話題の女優が出ていれば、どんな役柄であったとしても「昨日のドラマの○○がさあ、」と女優の名前で語ってしまうように思われる。昨日のドラマの石.原.さ.と.みが可愛かった、石.原.さ.と.みのあのセリフにときめいたのように、役名で呼ぶのはドラマを様々な、脚本であったり演出といったような面から見る人のみで、多くはその女優が出ているドラマとしての認識、役よりも女優として認識しているように感じる。(これは決して女優さんの力不足とかではなく、単純にそういう傾向があるんじゃないか、とかそういう問題なのでまじで全然女優さんが悪いわけではない。まじで。)実際、私も多くはそのように呼ぶし(ていうかそもそもドラマを全然見ない)、名前が売れることはすごいことだから全然いいと思うし、役の前に役者が立つことに何の違和感も持っていなかったし、考えたこともなかった。工藤遥ちゃんの演じるタダに出会うまでは。役の中、もしくは後ろに役者が隠れることはどんなに難しいのだろう。佐藤優樹ちゃんのバセスカも、小田さくらさんのフロルも、みんな素敵だったけど私の目には佐藤優樹ちゃんとして、小田さくらさんとして映っていた。ただひとり、工藤遥ちゃんだけがタダという青年としてみえた。(石田亜佑美ちゃんのフォースもすごかったな…)とはいえ、演劇をよく見るわけでもなければ知識を豊富に持っているわけでもない一個人の感想なので大したことは言えないんだけれども、ともかくそこで工藤遥ちゃんの演技すごい!!となっていた私は、「女優になりたい」という夢を工藤遥ちゃんが語った、ということを聞いたときどこかで納得していたようにも思う。だって演じてる時の工藤遥ちゃんは紛れもなくアイドルでなく役者さんとしてそこにいたから、卒業してほしくない、と思うようになったのも少し経ってからだった気がする。
 ほかにもたくさん工藤遥ちゃんの魅力はあるけれど、私が特に工藤遥ちゃんについて印象深いのはこの二つだった。
 そして先日の『モーニング娘。誕生20周年記念ツアー秋~We are Morning Musume。~工藤遥卒業スペシャル』の広島公演である。本当は卒論のあまりのやばさに次回のツアーで現場デビューしようと考えていたのだが、工藤遥ちゃんにとってのラストシングルのなかの一曲、「若いんだし!」のMVを見た瞬間にそんな考えは吹き飛んだ。「若いんだし!」はわれらのつんく♂が作詞作曲をつとめた曲で、その歌詞、MV、ダンス、すべてが工藤遥ちゃんに贈られたはなむけそのものである。役者ではなく、工藤遥ちゃんという女の子がアイドルとして泣き、そして笑う姿がそこには映し出される。工藤遥ちゃんのアイドルとしての6年間そのもののようだと思えるし、10期4人の深い絆にも泣かされる。「若いんだし!」が公開された直後、卒業までに工藤遥ちゃんに会いに行かなければ絶対に後悔する、と思った私はすぐにそのころでも取れるチケットを探し、先着順の広島公演のチケットを確実にとるため、友人にも協力してもらった。本当に友人には頭が上がらない。立ち見ではあるものの、見事昼夜ともにチケットを手に入れ、広島公演に参加した。正直、ここまで工藤遥ちゃんのことを深く考えるようになったのは広島公演を見たからに他ならない。前述のように、私は佐藤優樹ちゃんがすごく好きなのでまーちゃんに会えるー!という気持ちも大きく、実際生で見た佐藤優樹ちゃんのパフォーマンスはスゴイヤバイ(j=j)だった。感想を佐藤優樹ちゃんに振ってくれた時はその時点で泣いたし、その内容も本当に佐藤優樹ちゃんらしくて、あたたかくて不器用で優しかった。佐藤優樹ちゃんへの思いも語り切れないほどあるのだが、工藤遥卒業スペシャルと銘打っているだけあって工藤遥ちゃんがモニターに抜かれる場面が非常に多かった(それともああいうもんなの?笑顔が素敵すぎていつも抜かれてんの?)。工藤遥ちゃんのあの明るい笑顔やきりりとした表情、どこをとっても涙が出るほどうつくしくて、卒業とか関係なしにこの笑顔を見に来た瞬間に私は工藤遥ちゃんのことが大好きになってただろうなあと思う。昨年ころからじわじわとハローに染まってきた私だが、今年はももちの卒業・引退や℃‐uteの解散など新規にはなかなかつらいことだらけ(もちろん古参の方のほうがつらいとは思うが、別れへの免疫的な意味としてとらえてほしい)だったため、まあ今現在もいろいろとつらいことは起こっていたりとかね…、本当に悲しいなとは思いつつも、そんな2017年の最後に待っているのが工藤遥ちゃんの卒業でよかったと思う。悲しいだけじゃない、やっぱり笑顔できらきら飾られたステージで輝やいててほしいと思ってしまうので。寂しいとは思うし、アイドルの工藤遥ちゃんと同じくらい演じている工藤遥ちゃんのことも好きだという葛藤もあるし、簡単にまとめられるほどの思いではないけれど、工藤遥ちゃんに、工藤遥ちゃんが愛して誇りとするモーニング娘。に会いに行けて本当によかった。ENDLESS SKYで涙ぐむ工藤遥ちゃんを見たときに心からそう思ったし、初めての現場が工藤遥ちゃんのいる場所でよかった。モーニング娘。‘17でよかった。
 私は絶対にアイドル工藤遥を忘れないし、今日2017年12月11日に武道館にいなくても映像を見ることもできなくても、それでも、やっぱり続いてるこの空の下で、あなたに繋がる夢を応援し続けています。
どぅー、ありがとう!!
 
――――目をキラキラさせて僕に語った

                   君の将来図はただ聞いてるだけで

                         胸が熱くなり泣きそうになった
    (君さえいれば何も要らない より)

コナン2017(から紅の恋歌)

 ひ〜〜ん…

 平次抱いてと噂のから紅見てきました〜〜ぁぁあ〜〜

ネタバレしまくります

 

 あの〜〜初っ端からクライマックス感やばくてわろた………最初から爆破はあかんてわろた……相変わらずのスケボーととんでもない運動神経の服部平次、大丈夫、問題ないです

  はぁ…なんやっけほんで…?もう割と事件どころじゃなくてごめんって感じながやけどよ…

 

導入シーンでは今回の注目度ナンバーワンな大岡紅葉ちゃんが百人一首の試合をしてるDVDを見てたお兄さんが刀で撲殺されるんですね。

ほんで京都?大阪?たぶん京都のテレビ局で百人一首のお偉いさんとの対談をおっちゃんがしにくるんですけど(安定の哀ちゃんと博士以外参加)、なんだかんだでテレビ局の爆破予告が警察に届くんですね、予告状には百人一首の札が印刷されてるんですね。まあただの脅迫の可能性もあるけど念のため〜〜言うてテレビ局内の人間全員避難させるんですけど、収録のために用意されちょった由緒正しき百人一首のかるたが取り残されそうになるのね、ほんで番組のゲストで紅葉ちゃんと対決する予定やった和葉と同じ百人一首部の部長が「やっぱりわたし、あれを放っていくなんて無理!ごめん和葉!」言うてスタジオに取りに戻ってしまうんやなんやて工藤!

 まあもちろん平次と和葉は部長を追いかけて、警察官に見つかって怒られて、とりあえず避難や!いいゆう間にドカーン!チュドーン!言うて爆破が始まってしまうんですな。天井も床も崩れて、うわぁ〜〜!ってなって、部長と警察官は無事脱出、平次と和葉だけ取り残されてしまうんやね。ウンウン。

 ほんでそのことに気づいたコナンくん。平次と和葉はなんとか屋上?的なとこまで逃げるけどめっちゃ炎上しゆうし色々崩れてくるしで身動きが取れへんねん。コナンくんは向かいのビルからスケボーでギャギャギャーン!言うて屋上にとびうつりますね。ウンウン。

普通にここの時の平次が絶対に工藤は来る!!!!って信じちゅうのすごくよかった◎信頼関係〜〜◎◎◎

でまあうまいこと脱出しよったがやけど、平次と和葉はなんとかなったけどコナンくんが取り残されてまうねんなんやて工藤。

 うまく説明はできないんですけど、あの、遠心力で飛んで平次にキャッチしてもろた感じです。細かいことは聞かないでくれ……。

 ここから色々と動き始めまして、なんだかんだで才能はあるけど経験はまったくない和葉が将来のクイーンを約束された大岡紅葉ちゃんと、平次に先に告白する権利を賭けて決勝では由緒正しき札の使われる百人一首大会「皐月杯」で戦うことに………。

 和葉ぐうかわいかったし、服部一家勢ぞろいなの面白かったし、紅葉ちゃんもまっすぐで凛々しくて可愛くてよきでした〜〜…。今回の博士のクイズ、なんやっけな…あ、カルタ…ウンウン…。

 冒頭のお兄さんを殺した犯人が見つかったり(ミスリードでしたけど…)、その時に綾小路警部がコナンと平次のこと甘やかしててかわいかった。次々と全ての犯人と思われる相手から殺害予告を意味するメールが届くひとたち…和葉は決勝まで進んだことで、メールが届きます(気づいてないけど)

決勝は特別な場所が用意されちょって、湖?池?のそばの崖に沿って作られた一つの部屋に、その二人と札を読み上げるお偉いさんの3人だけでそこで決勝をするんですね〜〜で、同時に外では爆破が起こったりとかしてるんですけど、勝負は五分五分のまま最後の2枚?とかまでもつれ込むのだ…

でもまあ爆破おこって火災にもなってるんで、助け出さなあかんのでね、平次のバイクにコナンものって、二人でバイクでビューンって崖から飛び降りてその部屋の前に飛び込みます…このとき試合は決着したところやった…。

 真犯人は実は百人一首を読みゆうお偉いさんで、犯人やと思われちょった人もすでに殺されてたんですね…。しかも殺したのはお偉いさんの奥さん(3年前に病死)、それを隠蔽して自分も死のうとしてたんですね。全部バレてさらに爆破させようとするがやけど、紅葉ちゃんが犯人やと思われちょったひとが実はお偉いさんの奥さんに想いを寄せちょったことやら、ただその人に褒めて欲しかっただけやったことやらを告げて、わたしはなんてことを……ってなるパターンの奴。ウンウン。

 でもここほんま切なかったんすよ………、から紅の恋歌、このことやったんやなって……ちゃんとメインを立ててくれるからさすがコナンだよ……。事件がメインやきね!!!?わたしは本当にそれどころじゃなくてごめんなさいって思いますごめんなさい!!!!!

 気持ちをまっすぐに伝えることの難しさですね……紅葉ちゃんありがとう、紅葉ちゃんがいることで先生は救われたと思う。

ここまで書いてめっちゃ放置してました。

なにが言いたいかって言うとね、

平次が和葉に「手放したら殺すぞ」

って言うシーンがあるんですけど、なんかそう言うのってわたし的になんていうんかな、少女漫画的というか、女の子めちゃくちゃゾクゾクしてまうやつやんけー!!という感じだったので、まっさかコナンでそんなんみれると思ってなくて、なんやろね、あのあれかな、わたしのなかでちょっとした革命というかええぇぇええー!!!!!!!って気持ちが萌えと同時に押し寄せてきて…すげぇ…服部平次すげーよ……ってなったんでげす……服部平次はすげーよ

平和は少女漫画…………ちゃんと自分の気持ちに気づけてよかったよ………成長だね…ありがとう………

 まあこれが言いたかっただけやのによくもまあこんなにダラダラ書いたわごめんね

 紅葉ちゃん可愛かった!よ!ラブ!

オチは全部来年の予告が持ってったからほんとに怒ってるからね!!!!毎年怒るわこんなもん!!!!!えーい!おわり!うんこみたいな感想ごめんね!!!!

 

溺れるナイフ(映画の方、ネタバレ?)

小松菜奈が好きすぎて、靖子ちゃんとの相性が最高すぎてしんだ〜〜

しかも靖子ちゃんのハンドメイドホームと絶対彼女歌ってるのが堀越千史ちゃんで本当に最高極めてたわ…千史っていい名前だなぁ、自分のこどもにつけたい…千かぶりできるね笑笑

ぜんっぜんしらんくて気づかんくて情けない限りながやけどれいりえとか水野しずとかでちょったぽくてショックやった…もっと見つけるつもりで観たらよかった( ; ; )はぁ…

かみし、らい、し、も、ね、ちゃんが苦手です…映画内のキャラとかじゃなくて(映画内のキャラも嫌やったけど…笑)なんでかな?みつははすきだよ笑

 

小松菜奈は自分が特別だと思ってるし女の子はみんなだいたいそうだとわたしは思ってるよ……そこが愛しい…そこから一握りの女の子が遠くまで行ける……キャメラマン()広能の言うことはそういうことやとわたしはおもった。溺れるナイフの監督の山戸さんもそういうタイプの人間じゃないかな?と思う…靖子ちゃんとか起用するあたり笑笑 tofubeats?全然知らんけど千史ちゃんが歌ってるの聴いてよかった、聴いてみようかな…

 

ジャニオタの後輩と見に行ったがやけど、後輩ジャニーズ出てくるたびに泣きよってめっちゃ面白かった…ジャニーズくんの恋が破れたときとかもうボロ泣きしよって、後から聴いたらもう感情移入しすぎてやばかったらしい笑笑 またなんかもろ本人みたいな役やったらしくて(よくいる当て馬系、素が関西弁やき作中の方言がうまくハマる)ずっとあれは大友(役名)っていうか重岡(本名)ですよ、ただの重岡っていいよって笑 この子めっちゃ演技うまいな〜〜と思いよったわたしは演技だったのかただの素だったのかわからなくなってしまったのであった…

おら東京さいくだ〜〜

 

レイプってほんとにどんな形で表現されても気持ち悪いししんでしまえってしぬほどおもうな〜…… 事前に友達からレイプシーンあるとかざっくりした内容聞いてたけどそれでもやっぱ不快やし心臓しぬほどバクバクして手汗やばかった…ほんと嫌いだ…てかこのはなし聞いて若干見るの嫌になっちょったけど、挿入歌で持ち直したみたいなとこあるよね…

他の人の考察とかdisりすぎのこの感想ブログやけど、今回もごめんちょっとでぃするねごめん

なんかアラサー男性(ってかいちょった)が書いた感想?みたいなのでまぁ内容が薄っぺらいとかは別にいいがやけど、レイプシーンのことを上に乗ってもじもじしてるだけ、服も脱がさないしすぐ抵抗やめるしなにがしたいんだ?「怒り。」をみろ、あの広瀬すずの演技をみろあのシーンのはげしさをみろ?みたいなこと書いちょってあ〜〜男の人ってこういうこと思うがや〜〜って思ってしまったよね…単純に映画のクオリティを求めて言うならわかるけど、それだけでいいゆうわけじゃないやろ?って感じ…結局する側の視点からなんだろうなぁと…怒りみてないきなんとも言えんけど、する側の視点やったらそりゃもっと服脱がしたり破くやろとか抵抗されるやろとかって発想もでるんかな〜〜っておっさんきもっって思ってごめんね

 

こうちゃんのプライドというか自信とか有能感とかが打ち砕かれる描写とかわかりやすくて笑 わたしは好きやったけどな〜〜

ハンドメイドホームが流れるあたりが1番好き!とおもった!

https://www.musixmatch.com/ja/lyrics/大森靖子/ハンドメイドホーム

自分を特別にしてくれる(気がする)男の子のことを好きになる女の子〜でも普通の幸せを望んでみたりもするんだよねほんとは望んでないのに

 

最後のシーン撮りたかっただけやろ!wと思うくらい最後は綺麗やったな〜〜好きだよ〜〜

まあ確かに薄っぺらいのかもしれないけど、どうしても愛おしいとおもってしまうのが望月夏芽という女の子だと思いましたまる

 

とても頷けたブログ→孤独な人魚たち。〜溺れるナイフの考察と感想〜 - 目からうろこ鼻からたらこ http://sadoeeeeeeeee.hatenablog.com/entry/2016/11/06/190153

 

観た日:2016.12.3

ファンタビみたよ(ネタバレ感想)

は〜〜めっっっっちゃおもしろかった………すご………思い出してみたらなにがそんなに面白かったの?って聞かれたらでてこないタイプの人間でごめん……でもほんまにおもしろかった…

吹替で見たけど主人公ニュートくんの声がマモなの全然気づかんくてwwwwww終わってから気づいてなかったんかーいって言われてちょっと寂しかった……

ニュートくんがすげー好き……今まで好きになったことないタイプ!なきがする!

気弱な魔法生物学者?やっけ????全然そんなかんじせんかったけどwwwwwwあ〜〜誑かされたい〜〜ってなった根が夢豚です

ヒロイン・ティナさん(たぶん)の妹ちゃんが心が読める魔法使いさんなんだけども(調べたらクイニーちゃんだった)、でもなんかみんなに心読まないで、って言われてもどことなく飄々としてて、なんていうか、心が読めるからこそ自分のできることをやってるかんじ!?自分の信念がかっちりしてるかんじ!?きっとこの子には芯があるんだな〜〜〜〜ってすごいきゅんときた!かつ、パン屋になりたいおじさんが小太りで小さくて冴えない感じで、でもまっすぐで素直な人間で、その2人が幸せになる可能性のある未来を、ラストを描いてくれてすっっっごいうれしかった……なにより嬉しかった……パン屋になりたいおじさん、すっげーかわいいんすよ。名前忘れたけど。一度忘れて、でもまた出会うって最高すぎ?わしの1番好きなやつやん?ようわかってるで。ありがとおおおおおってなった普通に

茶色いスーツケース、最高。ありがとう。

やっぱ主軸は差別とかそういうとこにあるのかな?そういうの関係なく魔法生物メインなんだろうか…ハリポタ見ないとなんかそのへんはうまく汲み取れなさそう、見てないです。あとは20年代のアメリカ…わからんです。

一個だけ気になったのは、闇落ちみたいなのがあるんだけど、そうなっちゃった子を助けようとニュートくん頑張ってたのに最終的にべつの魔法つかいたちに殺されちゃった?消されちゃった?みたいな感じになっちゃって若干ショック受けてる感じだったのに、でもそんなことより目の前の悪者を捕まえることと魔法の使えない普通の人間から今回の記憶をどうなくすかに気を取られちゃってそこが全くさっぱりおわっちゃったみたいな扱いだったのがえー?ってなった…

けど、人の考察読んだらそのあと闇落ちくんのカケラ?みたいなのが浮かんでいく描写があったから、彼はまだ生きてて、それが次作に繋がるんじゃないか?っていうの割とみんなかいてて、なるほ〜〜!ってなった それならいいよ!www

魔法生物たちちょ〜〜かわいいね!すごい!めっちゃかわいいよまじで。みんなかわいい。し、ニュートくんの生物たちにメロメロな感じもよき〜〜です。絶対社会不適合者タイプだよな彼は……魔法生物はすき、人間はあんまり得意じゃないです…って感じ……そんな彼がすきだ仲間だって思えるくらいだからやっぱりパン屋のおじさんは最強なんだよ〜〜うわ〜〜ん( ;  ; )!!

まあだから、闇落ちくんの色々を見たときにニュートくんがそんなにつっかからなかったのは結局のところ魔法生物が1番すきなんだからかなとか思ってた。ちがうぽいけど。

うーんでもほんっとおもしろかった…すごいね、すごいよ!うん!ハリポタもちゃんと見るべきなのか〜〜(°▽°)?見たらきっと楽しいんだろうなぁ

あーそう!あとミスリード!すごかった!これがミスリード…!!って見ながら思うほど完璧だったと思うし(わたしがバカなだけかもしれん)回収もばっちりだし、まじで騙されすぎて一緒に見てたひとに「え、この人ってこと!?」って小声で聞いてもーたばかである。ほんまにおおお!ってなったんだよぉ〜〜!

 

次回作、とっても楽しみです!魔法生物に会えるのもニュートくんのことも話がどう進むのかも!考察読んでたらニュートくん、ティナさんと結婚して子どももいるってハリポタで出てるらしくてありゃ〜〜(°▽°)ってなった

 

次は4月のコナン新作楽しみにしてます(*'▽'*)

あしたの土曜は溺れるナイフ見にいくよん

 

観た日:2016.11.30

 

ジュラシック・ワールド(ネタバレ感想)

 すっごい面白かった〜〜!!

長年愛されててアトラクションにまでなっちゃうのも頷ける…すごい

ただものすごくビビリなので劇場じゃなくてよかった……こわかったです

 オーウェンおじさんがとってもかっこいいです!主人公は兄弟だと思ってたらオーウェンだった。

インドミナスレックスの恐怖…あんなん怖いわ…秒で食べられる自信ある…草食動物を楽しんで殺してるとことかほんま恐怖でしかなかったわ!!なんだあれ!!

 あと隊員の心拍数を指令室から見れて、インドミナスに食われて吹き飛ばされてどんどんみんなの心拍数が「ピーーーー」ってとまってくとかの恐怖ったらなかったですね!ああいう見せ方はすごいとおもう…圧巻

オーウェンとラプトルがまたすんばらしいね…本当に良好な関係を築いてるわけじゃなくて、ほんとはすごい危ういものなんだよなぁ一歩間違えれば食べられるし信じてもらえなくなる

最後ラプトルが一匹しか残らなかったの切なかった…。゚(゚´ω`゚)゚。彼らはどうやって生きていくの……

自分が好きだと思ったものディスられるのむかつくからご都合主義がすぎるって感想書いてた人に色々反論したい…翼竜が海渡らないの?って海渡ろうとしてたやつは全部狙撃してたじゃん…そりゃそこにいないとおかしい恐竜が爪痕残していなくなってたら脱走したと思い込んでもおかしくないじゃん…こっちは観てる側、冷静に観てるから気づけるだけで…

そんなことはどうでもいいんだ。落ち着こう。

モササウルス大っきくて強くてすごいの!あれこそ最強感…水中でだけなんだけどね。オチを持っていくモササウルス。いい。T-レックス出てきたのはたぶん前作から見てる人にはたまらんのやろな〜〜かっこよかった!最後の遠吠え?も…ハイブリッド最強種には頭脳はあっても心はなかったんだよぉ!なにもないです。

最後のクレアとオーウェンもよきでしたね!「一緒にいるしかないだろう、生き抜くために」みたいなセリフがとてもよかった!兄弟の救出のため動き始めてから話の収束までずーっと一緒に行動して協力?して生き抜いた2人だからこそのセリフできたな〜〜あ〜〜好きだったすごく…

全然恐竜とか興味なかったし怖さしかねーわと思ってたけど面白かった!!

月曜学校休みで調べたら朝イチでゴジラやりゆうきいけたら見に行こうかな☺︎☺︎

 

観た日(2016.10.18)

聲の形(1巻)

 

全員しねっておもった……………………

それ以上の感想ないよ

こっからどうなるのか知らないですけど、これから読みますけど、全員しねっておもったとにかく

翔也のお母さんだけが好きになれた

1番嫌いなのは担任となんか途中で出てきた女の先生やけど

子どもをまっすぐ正しく育てるの難しいよねしぬほど だから全員しね……

全部わたしの語彙力のなさが問題

 

はぁ続き読みます

みんなまともに幸せになって

相応の罰を受けながら

 

読んだ日:2016.9.26

響け!ユーフォニアム(9〜13話)

 かおはるがかわいい。

理解力ないから教えて、全国いけたんだよね?

どうして本気じゃないくみこが特別なれいなの特別になれるの?ってキレてたけどれいなと同じ世界を観れたくみこのことをようやく好きになれた……
8話もすごかったけど、かおり先輩との再オーディションのときのくみれいがすごかった。世界中敵に回してもわたしだけは味方系カップルが好きです…。そんな規模でもない。
生意気言ってごめんなさいって素直に謝るれいなかわいすぎ〜〜とくべつなれいなも当たり前に人に心を動かされる、さいこー人間味さいこー
滝先生のこと好きなのってかわいすぎん?愛の告白とはなんだったのか?
心のよりどころ?特別は孤独って意味じゃない…………くみこ、そばにいてあげてね……
塚本は割と邪魔だと思っててごめんなさい……キライジャナイヨ

かおはるかわいくない?めっちゃ好きなんやけど〜〜!?

あとはなんだっけなぁあまり思い出せません……普通に泣きましたけど……
あとOPが結構すきでじっくり聴いてしまう……

京アニはすごいと思った!ウケを意識しつつ話のリアリティを失わずそれでいてストーリーをしっかり中心にうんぬんかんぬん……さすがですね

んんねむいのでねますまたいつか


観た日:2016.9.13